感動ボックス利用規約

第1条(規約の適用)

1.本規約は、The Coach Agent株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供、運営するウェブサイト(以下、「本サービス」といいます。)の利用に関して規定するものであり、本サービスを利用するにあたっては、本規約への同意が必要です。

2.前項の規定にかかわらず、利用者が本サービスの一部でも利用した場合は、本規約が有効に適用されることに同意したものとみなします。

3.本サービスを利用するにあたり、当社が別途規約(以下、「個別規約」といいます。)、特約、ガイドライン、注意事項等を定めた場合には、利用者はこれらも遵守して本サービスを利用するものとします。

4.利用者が未成年者の場合には、本サービスを利用することについて、あらかじめ法定代理人の同意を得るものとします。

5.本サービス内の各サービスにおいて個別規約が定められている場合、本規約及び個別規約に基づき本サービスを利用するものとします。なお、本規約と個別規約に定める内容が異なる場合には個別規約に定める内容が優先して適用されるものとします。

第2条(用語の定義)

1.「利用者」とは、当社が提供する本サービスの利用を希望する方、当社が提供する本サービスを利用する方を総称していいます。

2.「感動ボックス」とは、アスリートから受け取った感動を見える化し、共有する為のプラットフォームです。また、各アスリート毎に設けられた感動を見える化し、コメントを投稿する領域も「感動ボックス」と称します。

3.「感動ボックスユーザー」とは、本規約に同意のうえ、本サービスを利用するために、感動ボックスユーザーとして入会を申し込み、当社が入会を認めた方のことをいいます。

第3条(感動ボックスユーザー資格について)

1.感動ボックスユーザーは、本規約に基づき本サービスを利用するものとします。

2.感動ボックスユーザーは感動ボックスユーザー資格を第三者に利用させ、または貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。

第4条(利用規約の変更について)

1.当社は、本規約または個別規約の内容を変更、追加、削除等(以下、「改定」といいます。)をする場合には、あらかじめ改定後の本規約または個別約の内容及びその効力発生時期を当社ウェブサイトに掲示する方法に周知することとします。周知後、効力発生時期が到来した場合は、本規約または個別規約の内容は変更後の規約によるものとします。

2.本規約または個別規約に改定があった場合において、利用者が規約改定後に本サービスを利用した場合は、利用者は改定後の規約が有効に適用されることに同意したものとみなします。

第5条(入会について)

1.感動ボックスユーザーになろうとする方は、本規約を承認の上、当社の定める手続きにより当社に入会を申し込むものとします。

2.申し込みに対して、当社が入会を認めた方についてのみ、入会することができます。

第6条(通信端末、ID及びパスワードの管理について)

1.感動ボックスユーザーは、当社が付与する認証用データを記録した携帯電話端末等の通信端末(以下、「通信端末」といい、当該通信端末が通信を行うために SIM カード等の ICカード等が必要な場合、当該 IC カード等も含みます。)並びに ID、パスワードを自己の責任において厳重に管理するものとします。

2.感動ボックスユーザーは、会員資格を有する間、ID 及びパスワードを第三者に利用させ、または、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできません。

3.感動ボックスユーザーは、通信端末を第三者に貸与、譲渡、売買、質入等する場合、感動ボックスユーザー資格が第三者に利用等されないよう適切な措置を施すものとします。

4.通信端末、ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は感動ボックスユーザーが負うものとし、当社は一切責任を負いません。

5.感動ボックスユーザーは、ID 及びパスワードを第三者に知られた場合、通信端末を第三者に使用される恐れのある場合には、直ちに当社に連絡するか、又は当社が指定する方法にてID及びパスワードの変更を行うものとします。

第7条(感動ボックスユーザー作成情報について)

1.感動ボックスユーザー作成情報とは、本サービス内にて感動ボックスユーザーが自ら送信、投稿、登録、表示(以下、これらの行為を単に「作成」といいます。)したすべての情報をいいます。

2.感動ボックスユーザー作成情報に対しては、これを作成した感動ボックスユーザーが全責任を負うものとします。

3.感動ボックスユーザーはつぎに該当する情報を作成することはできません。

a.個人または団体、組織に対して差別、偏見、人種差別、嫌がらせ等を助長するもの

b.暴力的もしくは脅迫的であるもの、または暴力的もしくは脅迫的な行為を助長するもの

c.他人の名誉または信用を中傷、傷つけるもの

d.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権等他人の権利を侵害するもの

e.法令に違反するもの、または違反する行為を助長するもの

f.マルウェア等コンピューターウィルスを含むもの

g.公序良俗に反するもの

h.わいせつな表現を含むもの

i.異性交際に関する情報を含むもの

j.その他当社が不適当と判断したもの

4.当社は、感動ボックスユーザー作成情報が本規約に違反する場合、その他当社が不適切と判断した場合には、感動ボックスユーザー作成情報を事前の通知等をなくして削除することができるものとします。

5.当社は、感動ボックスユーザー作成情報を本サービスの提供及び利用促進に必要な範囲において、無償で、当社サーバー、他社運営サーバーへの複製利用することができるものとします。なお、感動ボックスユーザー作成情報の著作権は当社に譲渡されるものではありません。

第8条(個人情報の取り扱いについて)

1.感動ボックスユーザーになろうとする方は、当社所定の情報(以下、「個人情報」といいます。)を当社に登録する必要があります。

2.当社は、感動ボックスユーザーの個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。

a.本人確認、認証サービスのため

b.料金請求、課金計算のため

c.決済サービス提供のため

d.ポイントサービスの提供のため

e.感動ボックスユーザー作成情報の掲載のため

f.アフターサービス、問い合わせ等感動ボックスユーザー対応のため

g.プラットフォームの維持、不具合対応のため

h.アンケートの実施のため

i.マーケティング用の調査、統計、分析のため

j.新サービス、新機能の開発のため

k.当社及び第三者の商品、サービス等の販売、勧誘、発送、提供のため

l.懸賞、キャンペーンの実施のため

3.当社は、つぎに定める場合には、感動ボックスユーザーの個人情報を第三者に提供することができるものとします。

a.感動ボックスユーザーの同意がある場合

b.裁判所、検察庁、警察、税務署またはこれらに準じた権限を有する機関から開示を求められた場合

c.個人情報保護法その他の法令により認められた場合

d.当社の権利行使に必要な場合

e.当社に対して秘密保持義務を負う者に対して開示する場合

f.当社が行う業務の全部または一部を第三者に委託する場合

g.感動ボックスユーザーが当社に対し支払うべき料金その他の金員の決済を行うために、金融機関、クレジットカード会社、回収代行業者その他の決済またはその代行を行う事業者に開示する場合

h.合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、当該事業を承継する者に対して開示する場合

4.当社は、感動ボックスユーザーに対して当社及び第三者の広告又は宣伝等のために電子メールその他の広告宣伝物を送信できるものとします。感動ボックスユーザーはこれを予め承諾するものとします。

第9条(その他の情報の取得及び利用について)
当社は、本サービス及び本サービスに付随するサービスの提供のために、当社が取得した情報のうち、個人情報に該当しない情報を統計情報としたものを第三者に提供できるものとします。

第10条(感動ボックスユーザーによる規約違反等について)

1.感動ボックスユーザーがつぎの各号のいずれかに該当した場合、当社は、当社の定める期間、本サービスの一部もしくは全部の利用を停止すること、又は感動ボックスユーザーの会員資格を取り消すことができるものとします。

a.本規約及び個別規約に違反した場合

b.入会申込み時の個人情報登録、及び入会後の個人情報変更において、その内容に虚偽や不正があった場合、または当社が特に認めた場合を除き重複した会員登録があった場合

c.反社会勢力に属する、又は反社会的勢力と不適切な関係にあると当社が判断した場合

d.他の感動ボックスユーザーへ名誉毀損、暴言、ストーカー行為等他の感動ボックスユーザーに不当に迷惑をかけたと当社が判断した場合

e.本サービスを利用せずに12ヶ月以上が経過した場合

f.その他、本サービスを利用させることが不適切であると当社が判断した場合

2.当社が会員資格を取り消した感動ボックスユーザーは、当社が特別に認めた場合を除いて再入会することはできません。

3.一部又は全部の利用停止、会員資格の取り消し等、当社の措置により感動ボックスユーザーにいかなる損害が生じても、当社は一切損害を賠償しません。

4.本条第1項に基づき利用停止または会員資格の取り消しに至った場合においても、当社がすでに受領した利用料金は返還しないものとします。

第11条(禁止事項について)

感動ボックスユーザーは、つぎの各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

a.他の感動ボックスユーザーの IDやパスワードを入手しようとすること

b.本サービスを変更、停止または妨げることを目的に利用すること

c.プログラム等により自動化された手段を用いて本サービスを利用すること

d.他の感動ボックスユーザーもしくはアスリートの個人情報、または感動ボックスユーザー作成情報を違法、不適切に収集、開示その他利用すること

e.他の個人または団体、組織になりすまし、または他の個人または団体、組織と関係があるように不当に見せかけること

f.当社が提供するプラットフォーム(アプリケーション、サーバー、ディスク装置等)が生成する情報、通信内容等の解析、解読、逆コンパイル、逆アセンブルまたはリバースエンジニアリングを行うこと

g.迷惑メール、チェーンメール、ウィルス等の不適切なデータを送信すること

h.本サービスのバグ、誤動作を利用すること

i.その他当社が合理的根拠に基づき不適当と判断するもの

第12条(感動ポイントについて)

1.感動ポイントとは、当社の指定するコンテンツ(デジタルアイテムを含みます。)を使用するためのポイントをいいます。

2.感動ボックスユーザーは、感動ポイントを当社の定める方法により使用することで、当社の定める範囲のコンテンツの使用権を取得することができるものとします。感動ポイントは当社の指定するサービス内でのみ使用することができます。

3.感動ボックスユーザーは、当社が特に認めた場合を除き、感動ポイント及びコンテンツの使用権を他の感動ボックスユーザーその他第三者に使用させ、または貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。

4.感動ボックスユーザーは、当社が特に認めた場合を除き、感動ポイントの払戻し、または感動ポイントと当社の指定するコンテンツ以外のコンテンツとの交換を求めることはできないものとします。

5.感動ポイントの有効期限は取得から12ヶ月間とし、有効期限経過の未使用分は消滅するものとします。

6.感動ボックスユーザーが退会等により本サービスの利用資格を喪失した場合は、未使用分の感動ポイントも同時に消滅するものとします。

7.感動ポイントを使用できる対象のアスリートは、日本で活動している、若しくは日本国籍を有するアスリートに限ります。プロフェッショナル、アマチュアは問いません。

8.同一アスリートに対して複数の感動ボックスが作成された場合は、当社にて1つに統合整理できることとします。

第13条(利用料金について)

1.感動ボックスユーザーは、当社の定める有料コンテンツを利用する場合には、当社の定める金額の利用料金を当社の定める方法により当社の定める時期までに支払うものとします。

2.感動ボックスユーザーが当社の定める期日までに当社の定める利用料金を支払わなかった場合、感動ボックスユーザーは、当社に対し、支払期日の翌日より年14.6%の遅延損害金を支払うものとします。

第14条(感動見える化ポイントについて)

1.当社は、感動ボックスユーザーの行動(感動ポイント付与、コメント投稿、デジタルコンテンツの使用実績等)に基づき、当社が独自に定める方法によって各アスリートへの感動見える化ポイントを評価し、感動見える化ポイントを付与します。

2.評価期間は、最初に感動ポイント付与が為されてから最大2ヶ月とします。

3.当社は、アスリートに対して、感動見える化ポイント1ポイントにつき1円を、寄付金として支払います。なお、感動見える化ポイントの算定方法、寄付金の支払い方法等は当社が自由に定め、かつ当社が自由に変更できるものとします。

4.当該アスリートが当社からの寄付金受領を拒否した場合、もしくは受領の意思確認が感動ボックスクローズ後1ヶ月以内に取れない場合は、そのアスリートが指定もしくは事前に当社が定めた組織、団体に対してそのアスリートが受領予定であった金額を寄付する事ができるものとします。事前の組織、団体の選定は当社が自由に行えるものとし、適宜見直しを行い適切な寄付先を選定します。当該組織、団体への寄付金の支払い時期、方法は寄付先選定後に両者協議の上決定します。寄付実行後、当社は本サービス上でその旨をお知らせ致します。寄付可能な組織、団体は下記のとおりです。

a.公益財団法人日本スポーツ協会

b.独立行政法人国際協力機構

c.日本赤十字社

第15条(コンテンツの使用許諾及び権利の帰属について)

1.感動ボックスユーザーは、本サービスのコンテンツ(ウェブページ、アプリケーション、デジタルアイテムその他本サービスにおいて提供される情報等)を、電気通信回線を通じて当社の指定する設備に接続し、通信端末に表示またはダウンロード等することによって当社の定める範囲内でのみ使用することができるものとします。

2.本サービス内で当社が提供する全てのコンテンツに関する権利は、当社または当社に許諾もしくは委託した権利者(第三者)に帰属するものとし、感動ボックスユーザーに対し、当社または第三者が有する特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、ノウハウその他の知的財産権の実施または使用許諾するものではありません。

3.当社は、各コンテンツの使用権の有効期間を変更することができるものとします。

4.退会等により感動ボックスユーザーが会員資格を喪失した場合は、コンテンツの使用権も消滅するものとします。

第16条(本サービスの提供条件、停止、中断、中止、終了等について)

1.本サービスを利用するために必要な機器、通信手段などは、感動ボックスユーザーの費用と責任で備えるものとします。

2.当社は、メンテナンス等のために、感動ボックスユーザーに通知することなく、本サービスを停止することがあります。

3.当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じないことを保証しません。

4.当社は、当社が提供するアプリケーションを現状有姿で提供するものであり、当該アプリケーションが正常に動作すること及び当該アプリケーションに瑕疵のないことを保証しません。

5.当社は、やむを得ない当社の都合によりいつでも本サービスを終了または変更することができるものとします。なお、本サービスの終了に関しては、可能な限り当社ウェブサイト等において事前に告知を行うものとする。

6.当社は、本条に定める本サービスの停止、中断、中止、終了、変更等によって感動ボックスユーザーに損害が生じた場合であっても、一切その責任を負わないものとします。

第17条(免責事項、損害賠償責任について)

1.当社は、本サービスの内容、並びに感動ボックスユーザーが本サービスを通じて入手したコンテンツ及び情報等について、その安全性、信頼性、完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる責任も負わないものとします。

2.感動ボックスユーザーは自らの責任に基づいて本サービスを利用するものとし、当社は本サービスにおける他の感動ボックスユーザー及びアスリートの一切の行為ないし関連する事項について何らの責任を負いません。

3.当社は、アスリートのコメント投稿に関する一切の事項について何ら責任を負いません。

4.感動ボックスユーザーは法律の範囲内で本サービスを利用するものとします。本サービスの利用に関連して感動ボックスユーザーが日本及び外国の法律に抵触した場合でも、当社は一切責任を負いません。

5.当社は、本サービスに関して、感動ボックスユーザー同士、感動ボックスユーザーとアスリートもしくはその他の第三者との間で発生した一切のトラブルについて、責任を負いません。これらのトラブルについては、当事者間で解決するものとします。

6.当社は、当社の故意または重過失により感動ボックスユーザーに損害を与えた場合には、その損害を賠償します。

第18条(登録事項の変更について)

1.感動ボックスユーザーは、メールアドレス等の登録事項に変更のあった場合、すみやかに当社の定める手続きにより当社に届け出るものとします。届出がない場合、当社は、登録事項の変更はないものとして取り扱うことができるものとします。

2.感動ボックスユーザーは、登録事項に変更が生じたことを当社に届け出なかった場合、本サービスを利用できなくなることがあります。

第19条(消費者契約法の適用)

本規約に基づく当社と感動ボックスユーザーの契約関係が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、本規約第6条第4項及び第16条第6項の規定は、当社に故意または重過失が認められる場合には適用しないものとします。

第20条(当社からの通知について)

1.当社からの通知は、当社に登録されたメールアドレスにメールを送信すること又は当社が提供するアプリケーションの機能を用いた通知、その他当社が適当と判断する方法(ウェブサイト、アプリケーション内での掲示等)をもって行うものとします。

2.当社の故意又は重過失による場合を除き、当社からの通知の不着又は遅延によって感動ボックスユーザーに生じる損害について、当社は一切その責任を負いません。

第21条(退会について)

1.感動ボックスユーザーは、当社の定める手続きにより退会することができます。

2.当社は、感動ボックスユーザーが退会した場合においても、当社がすでに受領した利用料金を返還しないものとします。

第22条(準拠法について)

本サービスその他の本規約に関する準拠法は日本法とします。

第23条(管轄裁判所について)

本サービスに関し、感動ボックスユーザーと当社との間で訴訟が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2021年7月1日制定  最終改訂日:2021年7月1日